鋼材歪取り加工

組み上げた船の歪取り

鋼鉄を組み合わせた船は、接合部分に歪(ひずみ)や膨らみ(凹凸)のようなものができます。
それを取り除き、キレイなカタチにしていくのが歪取りです。

01
01

パーツを組み合わせていく

矢野工業で造られたパーツが組み上げられ、少しずつ船のカタチになっていきます。

02

総組立

パーツとパーツを組み合わせ、どんどん船のカタチになっていきます。滅多に見ることのできない船の断面。実はこんな感じです。

03

近付いてみると意外にデコボコ

近づいてみると意外にデコボコが目立ちます。これはパーツを組み合わせる時、溶接の熱によって発生する歪。

04

丁寧に歪をとっていく

最終的にもう一度、鉄を曲げるプロのお仕事。組み立てで発生した歪をバーナーで熱しながら取り除きます。

05

表面が滑らかになっているかチェック

高所作業車を操縦しながら作業具合を1つひとつチェック。
きちんと滑らかな表面になっていれば作業は完了です。

Scroll to Top