クレーン・玉掛け

重い鋼材を安全に運ぶ

技術だけでなく工場では「安全」が特に重要です。
そのため、作業だけでなく安全に対する技術の向上も欠かせません。

01
01

重い鋼材を運ぶ

あまり大きくなくても頑丈な鋼の板。手で持って運べるようなパーツの方が少ないため、運ぶのにクレーンを使います。

02

吊ったモノを安定させる玉掛け技術

クレーンは吊ったモノをしっかり安定させる玉掛けという技術があります。安全に作業するためには欠かせない知識です。

03

かなり大きなものを運ぶことも 

モノによっては自分よりも大きなものを運ぶことも。安全に注意を払いつつ、慎重な作業が要求されます。

04

クレーンの操縦も慎重に

しっかり固定していても、運搬中にも危険が潜んでいます。そのためパーツひとつ運ぶのにも安全の意識は欠かせません。

05

重量物の移動には天井クレーンを使用

どの工程の作業も鋼材を使うため、クレーンを使う時の安全意識は欠かせません。
工場内には大小さまざまなクレーンが設置されていますが、これを使用できるのは資格を持ったスタッフのみで徹底されています。

Scroll to Top